オフセット名刺印刷、デザイン名刺、企業名刺、会社名刺、個人名刺、はがき、特殊加工名刺、プラスチックカード、ショップカード
すぐ注文 自動見積もり
テクニカルガイド
入稿前にチェック!
テンプレート
オフセット印刷とは
用紙について
天地・面の指示
印刷色について
塗り足しについて
印刷用データの解像度
裏移りについて
ソフトウェア別データ作成
商品別データ作成
商品カテゴリー
  • 名刺印刷
  • 商品タグ印刷
  • 型抜きカード印刷
  • チケット印刷
  • プラスチック名刺印刷
  • プラスチックカード印刷
  • ステッカー印刷
  • 封筒印刷
  • ポストカード・はがき印刷
  • チラシ・フライヤー印刷
  • ペーパーランチョンマット印刷
  • ブロックメモ・お会計伝票印刷
顧客センター
営業カレンダー
2024年 3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
2024年 4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
営業時間
カスタマーサポートセンター
お支払方法  詳しく見る
instagram facebook twitter ameba
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品タグ
[無料型]型抜きカード
プラスチック名刺
ブロックメモ・お会計伝票
チケット
ホーム > テクニカルガイド > オフセット印刷とは

オフセット印刷とは

印刷の基礎知識と印刷データ作成のための基本的な注意点をご紹介!

オフセット印刷とは?

オフセット印刷は、版から直接印刷するのではなく媒介物を介して印刷する現在の印刷方式の主流として用いられる平版印刷方式の一つです。
ちなみに、「オフセット印刷」という名称の由来は、刷版についたインキをいったん剥して(OFF)ブランケットに移し、そのブランケットを介して印刷用紙に転写する(SET)ことによって印刷する方式(OFF-SET)でインキと水を交互に与えて印刷します。

印刷機の仕組みとしては、版胴と呼ばれる部分に版が巻き付けてあり、そこへインキと湿し水が供給されていきます。
水(湿し水)と油(インキ)との反撥し合う性質を利用し、インキがつく部分とインキがつかない部分を分けています。版とブランケットが接触し、ブランケットに転写されたインキが、用紙へと印刷されていきます。
版が直接紙に触れないことから胴の磨耗が少なく、非常に鮮明な印刷が可能です。さらに、大量部数の印刷も、短時間でスピーディに仕上がります。

弊社では従来より全てのオフセット印刷物を高精細印刷にてお届けしています。

オフセット印刷作業の流れ
DTP制作
製版
印刷
加工
納品

オフセット印刷商品は、DTP制作(デザイン・版下制作)、製版作業、印刷作業、加工作業を経て、お客様へ納品されます。

オフセット印刷の網点

オフセット印刷ではデータを網点と呼ばれる小さな点のパターンに変換します。 これをスクリーニングと言い、その種類や線数(インチあたりに並ぶ網点の数)によって印刷のきめ細かさが決まります。 YMCARDでは、一般的な商業印刷よりもさらに高品質で細部の表現力が高い「高精細印刷」が標準仕様です。

オフセット印刷のメリット

1.大部数もスピーディに印刷
オフセット印刷は、大量の印刷を短時間で仕上げることが可能で、さらに大部数の印刷であればあるほど、単価も低価格になるのが特徴です。1枚の版に複数のデザインを付け合わせて印刷することで、版代のコストを抑えます。

2.美しい仕上がり
色味に関してはプリントネットではジャパンカラーを基準で印刷し、安定した品質に仕上がります。また、オンデマンド印刷等に比べてイラストや写真、細かな文字などを鮮明に表現することが可能です。