オフセット名刺印刷、デザイン名刺、企業名刺、会社名刺、個人名刺、はがき、特殊加工名刺、プラスチックカード、ショップカード
すぐ注文 自動見積もり
テクニカルガイド
入稿前にチェック!
テンプレート
オフセット印刷とは
用紙について
天地・面の指示
印刷色について
塗り足しについて
印刷用データの解像度
裏移りについて
ソフトウェア別データ作成
商品別データ作成
商品カテゴリー
  • 名刺印刷
  • 商品タグ印刷
  • 型抜きカード印刷
  • チケット印刷
  • プラスチック名刺印刷
  • プラスチックカード印刷
  • ステッカー印刷
  • 封筒印刷
  • ポストカード・はがき印刷
  • チラシ・フライヤー印刷
  • ペーパーランチョンマット印刷
  • ブロックメモ・お会計伝票印刷
顧客センター
営業カレンダー
2024年 3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
2024年 4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
営業時間
カスタマーサポートセンター
お支払方法  詳しく見る
instagram facebook twitter ameba
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品タグ
[無料型]型抜きカード
プラスチック名刺
ブロックメモ・お会計伝票
チケット
ホーム > テクニカルガイド > Microsoft Word入稿

Microsoft Word入稿

Microsoft Wordで名刺を作る手順(Version 2003基準)

1.Microsoft Wordを実行します。

PowerPoint

2.Wordが実行されたら、メニューの中で[ファイル]->[ページ設定]から [ユーザー設定]用紙設定を選択し、
 用紙のサイズと余白を調節して名刺の大きさになるように設定します。
 YMcardの名刺用紙の大きさは 93*57mm、裁断サイズ(実際名刺のサイズ)は91*55mmです。
 プラスチック類名刺の作成サイズは90*58mm、裁断サイズ(実際名刺のサイズ)は86*54mmです。

3.余白は上下と左右全部最小1mm以上を入力して適用します。
 余白の大きさが10mm以上の大きさで大きく入力すると、内容を入力する空間が減ることがあるので、気をつけるようにしてください。
 裁断によって切り離される余白は、91*55mmの大きさの四角形を描いてガイドとして使用するとまた便利です。

4.名刺の大きさに対して設定の適用ができたら、名刺の内容を入力します。
 文字の大きさは上段のツールバーを利用して調節できて、文字間隔やバランスの調節が可能なので単純なデザインを作るのに適合します。


5.名刺の大きさに合せて書体の種類とサイズを調節します。
 YMcardでのWordと PowerPointで対応できる書体については、下記の表を参照するようにしてください。
 Microsoft Windowの基本書体 4種 - MS Pゴシック、MS ゴシック、MSP明朝、MS 明朝多様な書体を保有しているが、
 YMcardで対応できない書体もあるため、9.番の内容を参照になってから書体を適用するようにお願いします。

日文専用書体 英文専用書体

6.名刺にイメージを追加する場合には、メニューで[挿入]->[図]を利用してクリップアートを追加するか、
 ビットマップイメージファイルや Illustratorなどのベクターイメージファイルを追加することもできます。

7.Wordに追加されるイメージファイルはCMYKモードではなく、RGBモードにて追加されて作成されます。
 イメージ自体がCMYKで作成されたとしても、RGBモードに追加されて作成されます。実際印刷時、色が多少変わることがあります。

8.名刺の作成を終えられたら、内容を再度確認します。

9.内容の確認が全部済みましたら、メニューから[ツール]->[オプション]を実行して
 [保存]タップで [True Typeフォントを埋め込む]にチェックします。
 このオプションを使用しないと、移行されてから書体の適用された文字が遺失されるか、他の書体に変更される可能性があります。

10.[確認]を押してオプションが指定されたら、作成された名刺データを保存します。

11.保存された名刺のデータをYMcardへ移行します。
 マキントッシュでMSオフィスを使用される方は、該当データのファイル名にWindowsで使用される拡張子(Wordでは.DOC)を追加して
 移行するようにしてください。

Microsoft Word 作業時の注意事項
使用書体

Word文書に使用した書体の遺失状況を確認します。メニューからツール > オプション > 互換性の命令を選択します。

「フォントの置換」ボタンをクリックします。

文書に使用した書体が現在のコンピューターにない場合、図のように代替フォントに置き換えるように該当ウィンドウが表示されます。
適当な書体で任意に置き換えるつもりでなければ、ウィンドウのFontsフォルダに該当書体を追加してから作業するようにしてください。

文書に使用された書体が全部ある場合には、フォントの代替が必要でないというウィンドウが表示されます。

Wordの色

Wordの場合はRGBカラーモードだけを使用するデータのため、正確な色の再現は保障できません。
正確な色の再現を求めるお客様はIllustrator、Photoshop、または Corel DRAWにて製作して移行するようにしてください。

Wordのデータでも原則的に当社では移行されたデータの修正及び変更することはできません。しかし、移行されたデータを処理する過程で問題、または改善の余地があると判断される場合には当社から電子メールにて連絡致します。

True Type書体情報を埋め込む方法
a.[ツール]メニューの [オプション]をクリックして、表示されるウィンドウで[保存]タップをクリックします。
b.[True Typeフォントを埋め込む]のチェックボックスをチェックします。
c.[使用されている文字だけを埋め込む]のチェックボックスをチェックします。
d.[オプション]ウィンドウの下段にある[確認]をクリックして設定を適用します。
e.データを保存します。

* フォントを埋め込まずに製作して、フォントの埋め込みを設定し、データを保存してからデータを移行してください。

Wordでの作成の場合、移行されたデータがそのまま印刷データとしての受付をすることは極めて少ないのが事実です。
特に、書体のアウトライン処理や書体の情報をそのままデータに埋め込むことができない事と、ロゴ及びマークの解像度が低く、色が変わるなどの深刻な問題が発生される可能性があります。
そのため、ファイル変換/制作のデザイン費用として1,000円が追加されます。